淑女のお悩み解決講座

永遠に尽きない問題との付き合い方

女性の生き方

中年女性はどれくらい貯金をしているのか

投稿日:

いくつになっても気になるのが、他人の懐事情だと思います。

特に「中年女性」という年代の女性は、ある程度働いている期間
また結婚しているのであれは、パートナーが働いている期間も長いため
最も、他人と比較したい年頃でもあります。

現代の家計の特徴として「一億層総中流」という時代ではなく
「持っている人」と「持っていない人」の差が非常に大きく
また何が「本当の実情」なのか、分からないことも特徴的です。

鍵を握るのはもちろん「給料」と「生活費」

中年女性の預金額を決める要素として、

独身の場合・・・

  • 自分の収入
  • 生活環境

既婚の場合・・・

  • 自分と夫の収入
  • 子供の有無

以上を挙げることが出来ます。

最も、お金を貯めやすい環境としては
「実家住み」であり「総合職・公務員」の就業形態です。

40歳以上では、男女共に結婚している割合が高く
そういった場合、家庭の貯蓄とみなされており
40歳の夫婦で「平均950万円」というデータがあります。

ちなみに「平均」は最も割合が高い「中央値」とは違います。

一部の裕福な家庭が押し上げている可能性が高く
実際には、10%の家庭が「預金無し」ということが現実のようです。

ちなみに・・・40代専業主婦の
「へそくり額」の平均は「417万円」らしいです。

結婚している場合、各世帯ごとの収入というのは
大黒柱である「お父さん」の収入に大部分を依存しているはずです。

そこから、こっそり抜いた額?を
「貯蓄」と呼べるかは微妙なものです。

実際には、パート等で稼いだお金を
「旦那には内緒で」というカタチが一般的なようです。

独身の場合

40代独身女性の貯蓄額は「500万円」というデータと
「1,100万円」というデータがあり
一般的な「家庭の貯蓄」に比べて、およそ半分ケースと
わずかに多いケースが考えられるようです。

40代以上の女性となると
1人で生活する金銭的なメリットは少ないようです。

やはり、結婚して・子供がいるにしても
夫の収入と、自分の収入の2つのキャッシュフローがある方が
結果的に、手元にお金が残る傾向があります。

「大抵の場合、男性の方が収入が高い」という事実は大きいようです。

動機はやはり「将来(老後)のため」

昨今の独身女性の特徴として、

「一生独身でもかまわない」「一生独身を覚悟している」

という、潔い姿勢が目立ちます。

そして「1人で暮らす老後」というビジョンを明確に考え
それに備えて準備している人も多いようです。

「ローンを組んで家を購入」というような
本来であれば、男性がいなければできないようなことも
1人で出来ることが、現代の女性のメリットです。

「終の棲家を自分で買う女性」というのは
珍しいことではなく、どんどん一般的になってきそうです。

また、一般的な「預金」だけでなく
「保険」や「投資信託」といった金融商品に関しても
積極的に導入しているケースが目立ちます。

こういった知識や手段に関しても
やはり、独身女性の「危機感」の強さが目立ちます。

-女性の生き方

執筆者:

関連記事

中高年における結婚の傾向と感覚

平均初婚年齢が「28.5歳」と言われている現代では 30半ば~50代半ばの年代における、結婚率は「約85%」となっています。 しかし、そもそも既婚女性と独身女性では 恋愛感覚・結婚感にどのような違いが …

再婚したはいいけど不安がたくさんある女性

人生において、一度も結婚式しない 一生独身で生きる。 ということが、男女共に珍しくない時代に 「再婚」を検討してい方というのは、より稀な存在と言えるかもしれません。 自分が再婚、相手が再婚、両方とも再 …

中年女性にとっての家庭の在り方と働き方

現代の、いわゆる一般的な中年女性は なんだかんだ言っても、結婚している方が少なくありません。 マイホームを買った・賃貸住宅に住んでいる 子供がいる・いない(欲しくてもできない) 夫とうまくいっている・ …